渡部 宏

わたなべ こう Ko Watanabe

音楽監督 チェロ Music Director / Violoncello

岩手県出身。「希望郷いわて文化大使」
東京藝術大学卒業、ドイツ・フライブルグ音楽大学卒業。
国家(独)演奏家資格取得。
ミュンヘン音楽大学マイスター・クラス修了。

スペイン政府の奨学金を受けてスペイン音楽夏期講習会に参加。
在欧中は各地の音楽祭に参加、室内楽をはじめ教会音楽、バロック音楽の研鑽を積み、スペイン音楽も学ぶ。
ボルサノ(伊)のハイドン・オーケストラ、ミュンヘン・バッハ・コレギウム、ミュンヘン放送オーケストラなどでコンサートツアーやレコーディングなどにも多数出演。
帰国後は1988年より毎年リサイタルを開催して高評を博している。
同郷・岩手の作家<宮沢賢治>に因むコンサート、大震災復興支援コンサートも同時に継続して開催。
NHK・FM、テレビ出演、CSラジオ放送では「渡部宏チェロの世界」と題し、チェロ音楽の歴史的な変遷を中心に番組制作を行なう。 また、月刊「ストリング」誌における誌上レッスンでは「チェロ・ソナタを中心としたピアノとのアンサンブルについて」、「チェロの演奏法の入門編」なども執筆、さらに同誌「清水勝雄のチェロ基礎」講座の再現執筆も担当。

チェロの音を深く味わい、物語るような演奏に定評を持つ。
宮沢賢治音楽作品集「イーハトーヴ組曲」(中村節也編)監修、また弦楽合奏の編曲も数多く 手掛ける。
村井正一、小澤弘、三木敬之、広田幸夫、倉田澄子、R・フラショー、M・セルヴェラ、 W・ノータス,清水勝雄の各氏に師事。
東京藝術大学音楽学部講師及び同大学管弦楽研究部(藝大フィルハーモニア)首席奏者を務める。

岩手県芸術選奨受賞。
宮沢賢治学会イーハトーブセンター功労賞受賞。

2006年東京ヴィヴァルディ合奏団創立45周年を記念して、ソロCD「鳥の歌」〜無伴奏チェロ作品集〜を、 2007年「愛の言葉」〜チェロ小品集〜を、そして2012年震災復興を願い東北地方の民謡をとりいれた3枚目のCDアルバム「黒鳥の歌」〜チェロ作品集〜をリリース。
・・ピアノ/T.ボザーース、発売は全てマイスター・ミュージックより。
現在は音楽監督として東京ヴィヴァルディ合奏団を率いまた後進の指導、青少年の音楽教育活動等にも参加。

音楽誌より
〜中略〜それが楽器のせいなのか、あるいは奏者からなのか、音色がたいへん個性的であること。
それは一種エレジアックに響く音(ね)色で、それ自体、独特の雰囲気を醸し出す。その音色のもと、演奏は音符のひとつひとつを心して練り上げてから空間に放つ、といった趣のもので、じっくりと語られた言葉のように、聴きての胸にも伝わる。〜中略〜
(レコード芸術新譜月評 濱田滋郎) 〜中略〜
やわらかな音色と内に秘めた情熱がこの人の魅力だろう〜中略〜
(レコード芸術新譜月評 那須田努) 〜中略〜
その音色は優しく甘く、どの作品にも同じように温かい目が注がれている。定番曲は思い入れ過ぎないように、そうでない作品には深く踏み込むようにしているバランス感覚も見事。そんな彼と共に、それぞれの楽曲の魅力を最大限に引きだそうとするボザースのピアノも美しい。〜中略〜
(ぶらあぼ 新譜ぴっくあっぷ 堀江昭朗)
                            渡部 宏 わたなべこう パーソナルページ

渡部 宏

藤原 浜雄

ふじはら はまお Hamao Fujiwara

ソロ・コンサートマスター  (ヴァイオリン)

3歳より旧東京音楽学校出身の母にヴァイオリンの手ほどきを受ける。
その後、桐朋学園大学にて鷲見三郎、江藤俊哉、海野義雄、齋藤秀雄の諸氏に、ジュリアード音楽院にてJ・フックス氏に師事。
桐朋学園では指揮を斎藤秀雄、秋山和慶両氏に師事。

全日本学生音楽コンクール、日本音楽コンクール、各第1位優勝。
1968年イタリアのパガニーニ国際ヴァイオリンコンクール第2位。
1971年ベルギーのエリザベート王妃国際音楽コンクール第3位銀賞(いずれも当時の日本人としてはそれまでの最高位)を受賞。

ジュリアード音楽院留学以来20年以上にわたりアメリカ合衆国に居を構え、
ソロ・室内楽その他多方面において活躍。
1992年帰国し、2012年3月まで読売日本交響楽団の首席ソロ・コンサートマスター。
又、それまでのジュリアード音楽院、マンハッタン音楽院、ミシガン大学音楽学部准教授などの経験を活かし、桐朋学園大学特任教授、東京音楽大学客員教授として後進の指導にもあたっている。
 ©y.yagisawa 

藤原 浜雄

藤原 浜雄

上田 淳

うえだ じゅん Jun Ueda

コントラバス Contra Bass

新潟市出身。10歳よりコントラバスを始める。
桐朋学園大学付属子供のための音楽教室で学ぶ。
桐朋学園大学音楽学部を卒業し同研究科修了。
在学中には別府アルゲリッチ音楽祭や、サイトウキネン室内楽勉強会、小澤征爾音楽塾に参加。
ベルリンフィルやメトロポリタン歌劇場主席奏者のマスタークラスを受講し
研鑽を積む。
西田直文氏に師事。同門下生でコントラバス四重奏<ZENZAI BASS QUARTET>を結成し演奏会を行なっている。都内・近郊オーケストラ、
レコーディング等で活動。

上田 淳

練木 翔

ねりき しょう  Sho Neriki

ヴァイオリン Violin

Sho Neriki started playing the violin at the age of five. A graduate of distinction from Indiana University Jacobs School of Music in May 2010, Sho finished his studies as a graduate student at the Cleveland Institute of Music under Professor William Preucil, the former concertmaster of the Cleveland Orchestra and Professor Stephen Rose, Principal 2nd Violinist of the Cleveland Orchestra in 2012. He has performed as Principal 2nd Violin of the Erie Philharmonic and as a member of the 1st Violin section of the Canton Symphony Orchestra from 2012-2014. From 2014-2017, he has performed as core section violin of the Hyogo Performing Arts Center Orchestra. From 2017 onwards, he has been a frequent substitute violinist with the Osaka Philharmonic Orchestra as well as the New Japan Philharmonic.
 Sho enjoys performing repertoires from the solo, chamber music and orchestral literatures. Preceding his study at Indiana University, he performed the Brahms Piano Trio in B-Major with the legendary cellist Janos Starker and pianist Shigeo Neriki, sponsored by the Chicago Chamber Music Society.
His participation in summer festivals includes the Pacific Music Festival in Sapporo, Japan, ENCORE, Kent/Blossom Music in Ohio, Kirishima International Music Festival in Japan, and the Sarasota Music Festival in Florida. During 2011 at the Pacific Music Festival, he has performed as concertmaster of one of the concerts under Fabio Luisi. During his participation at Kent/Blossom in 2009, he was awarded the Josef Gingold Award, an annual award given to a single student for his/her excellence in chamber music performance.
He has also studied under world-renowned musicians such as Federico Agostini, Ik-Hwan Bae, Hamao Fujiwara, Henryk Kowalski and Yuval Yaron.

June 2023

練木 翔

松岡 龍神

まつおか りゅうじん  

ヴァイオリン Violin

福岡県出身。
幼い頃よりピアノを始め7歳でNHK福岡児童合唱団MIRAIのオーディションに合格し入団。
同団で九州交響楽団との演奏会を機にヴァイオリンに興味を持ち12歳よりヴァイオリンを始める。
第33回くるめ新人演奏会出演。
ヴァイオリンを李軍、山口裕之の各氏に師事。
室内楽を山口裕之、百武由紀、ドミトリーフェイギンの各氏に師事。
現在、各地でオーケストラやソロで演奏活動するほか出身地である福岡でのジュニアオーケストラの設立に携わるなど後進の指導にも力を入れている。
東京音楽大学卒業。

松岡 龍神

神原 颯大

かんばら そうだい Soudai Kanbara

ピアノ Piano (鍵盤)

東京藝術大学音楽学部附属音楽高等学校ピアノ科、東京藝術大学音楽学部作曲科を経て、同大学大学院音楽研究科修士課程作曲専攻修了。修了時に台東区長賞、大学院アカンサス音楽賞を受賞。
第24回彩の国・埼玉ピアノコンクール高校生部門金賞、埼玉新聞社賞。第9回ロザリオ・マルチアーノ国際ピアノコンクール(ウィーン)課題曲特別賞。第20回日本演奏家コンクール大学生部門第2位。第14回現代音楽演奏コンクール“競楽将"第3位。
作編曲、伴奏、自作曲を含んだソロ・室内楽の演奏活動など、活動は多岐にわたる。特に現代音楽の演奏が高く評価され、これまでに国内外で50曲以上の新作初演に携わる。2021年3月に4回にわたるソロ・デビューリサイタルを開催。
作曲を小鍛冶邦隆、ピアノを中井正子、松山元の両氏に師事。
2022年4月より、名古屋芸術大学非常勤講師、名古屋音楽学校早期才能開花プロジェクト講師、MPA音楽院ソルフェージュコース講師。中井正子日仏アカデミー主要メンバー。
作編曲、自作曲を含んだソロ・室内楽の演奏活動など、活動は多岐にわたる。特に現代音楽の演奏が高く評価され、これまでに国内外で50曲以上の新作初演に携わる。

神原 颯大

植村理一

Riiichi Uemura

Viola

東京藝術大学音楽学部付属音楽高等学校卒業、同大学入学。在学中に、Gee国際奨学金コンクールに優勝、米国シンシナティー州立大学音楽音楽院に留学。マーシャル賞を得て首席卒業。同大学演奏家コース終了、アーティスト・ディプロマを得る。
オハイオ音楽家連盟コンクール優勝。ヨーロッパでベルリンフィルのメンバーらと共演、1993年より2001年までフィレンツェのフォネ弦楽四重奏団のヴィオリストとして、ミラノスカラ座、ヨーロッパ各地に招待され演奏。NHK FMリサイタル出演、カルテット・アモーレ、黒沼ユリ子カルテット、ヴィオリスト。現、東京藝術大学講師。

西村 翔太郎

にしむら しょうたろう Shotaro Nishimura

ピアノ Piano (鍵盤)

秋田県生まれ。7 歳よりピアノを始める。
埼玉県立大宮光陵高校を経て、東京藝術大学・同大学院を首席で卒業・修了。
卒業時に同声会賞、アカンサス音楽賞、大賀典雄賞、安宅賞、三菱地所賞、
藝大クラヴィーア大賞、大学院アカンサス音楽賞、クロイツァー賞を受賞。
その後渡欧し、イモラ国際ピアノアカデミー(イタリア)を修了。

 国内でのオーケストラとの共演は東京交響楽団はじめ主要オーケストラと、また海外でもRussian Chamber Philharmonic St. Petersburgなどの他、各国でいずれも高評を得、さらに弦楽器や管打楽器とのアンサンブルや室内楽活動も積極的に行っている。
これまでピアノを小楠章子、竹本絵己、清水皇樹、中井恒仁、武田美和子、植田克己、レオニード・マルガリウスの各氏に、室内楽を川崎和憲、坂井千春、江口玲、西谷牧人の各氏に、ピアノデュオを角野裕氏に師事。また、エヴァ・ポボウォツカ、ミシェル・ベロフ、ボリス・ペトルシャンスキーの各氏をはじめ、著名な音楽家の薫陶を受ける。
 
 第7回Ischia国際ピアノコンクール(イタリア)“Piano Performance”部門 第1位、第7回Euregio Piano Award(ドイツ)第2位ほか、数々の国際コンクールで受賞。
日本国内では、第25回宝塚ベガ音楽コンクール ピアノ部門第1位及び兵庫県知事賞、第14回東京音楽コンクールピアノ部門 第2位及び聴衆賞等を受賞。
 2021年10月東京音楽コンクール入賞者リサイタルでは絶賛を博した。
現在、東京藝術大学ピアノ科非常勤講師を務める。

西村 翔太郎

ティモシー・ボザース

Timothy Bozarth

ピアノ Piano

全米ピアニスト協会のベートーヴェンフェローに選ばれて以来、世界中の様々な国で演奏活動を積極的に行っている。これまで、サン・アントニオ、マリア・カナルス国際コンクール、ロベール・カサドシュ国際ピアノコンクールにて入賞。カサドシュ国際ピアノコンクールでは、現代フランス作曲家作品のベストパフォーマーとしてACEM賞も受賞している。
ニューヨークタイムズ、ワシントンポスト、ボストングローブ、ボストンヘラルド紙等から素晴らしいテクニックだけでなく、色彩に富み、正確且つ情熱的な演奏と、また、音楽の友(音楽之友社)からは、絶妙のバランス感覚、抜群のアンサンブルのセンスを兼ね備えたピアニストと高く評価される。幼少期はテキサスで過ごしたが、数々の引っ越しの末、美しい山々で囲まれた小さな街アラスカ州のヴァルディーズに落ち着いた。音楽家としてはほとんど独学に近かったため、彼の最初のピアノリサイタルは大学に入ってからだった。しかし、彼のピアノへの情熱は絶える事なく、クリーヴランド音楽院では、ポール・シェンリー、ヴィチュヤ・ヴロンスキー バービン、ジェローム・ローウェンタールの各氏に師事し、アーティストディプロマを取得する。
2007年、チェリスト・渡部 宏とCD「愛の言葉」2012年、CD「黒鳥の歌」(マイスター・ミュージック)を、2012年1月にはヴァイオリニスト・エフゲーニ・クティックとのCD ”Sounds of Defiance” (Marquis Label)を共演、発売された。

Since being named a Beethoven Fellow of the American Pianist Association, Timothy Bozarth has concertized around the globe as soloist and collaborative pianist, being heard in many of the world’s greatest concert halls. Performances by Timothy Bozarth have been praised by Ongaku No Tomo (“supple and warm, reflecting a noble atmosphere...”), the Washington Post (“stunning... brilliant...”), the Boston Globe (“lurid color and visceral energy...”), and the Boston Herald (“boldness and daring, precision and passion... a blaze of glory, a triumphant performance...”).

Born in Abilene, Texas, constantly moving as a youth and finally settling in the small, remote town of Valdez, Alaska, Timothy Bozarth was an autodidact as a musician and didn’t give his first public piano performance until after entering college. This did not prevent him from earning music degrees and an Artist Diploma at the Cleveland Institute of Music, studying with Paul Schenly. Further piano studies were with Vitya Vronsky Babin and Jerome Lowenthal.

In addition to being a Beethoven Fellow, Timothy Bozarth is also a prizewinner of the Robert Casadesus, and San Antonio Competitions. At the Casadesus International Piano Competition, he was awarded the S.A.C.E.M. prize for best performance of a work by a 20th-century French composer.

CD "Requiebros" in 2007 , CD "O Canto do Cisne Negro" in 2012, ( Meister Music ) with Cellist Ko Watanabe have released.
A CD of Russian Music for Violin and Piano with violinist Yevgeny Kutik, "Sounds of Defiance" will be released on the Marquis Label in 2012.

ティモシー・ボザース

井出上 達

いでうえ とおる Toru Ideue

パーカッション Percussion

3歳からヴァイオリンを15歳より打楽器を始める。
99年東京藝術大学卒業。
日本管打楽器コンクール4位入賞。

2001年『Manhattan jazz Quintet日本ツアー』佐賀公演に参加。尺八、篠笛と打楽器のアンサンブルグループ『Bamboo Symphonia』メンバー。同グループよりアルバム『竹響』、『竹風』リリース。
2003年メルボルン国際アート・フェスティバルに参加。2000年、2005年弘前バッハアンサンブルヨーロッパ公演に参加。『クラシカル・プレイヤーズ東京』メンバー。2004年、2005年宮崎国際音楽祭に参加。東京都交響楽団、東京フィルハーモニー交響楽団、神奈川フィルハーモニー管弦楽団などのオーケストラにエキストラとして出演。劇団四季をはじめミュージカルのオーケストラに参加。
2007年より東京藝術大学管弦楽研究部非常勤講師。2012年より洗足学園音楽大学非常勤講師。
2013年から一年間、文化庁新進芸術家海外研修員制度研修員としてベルリンへ派遣。
藝大フィルハーモニア、ティンパニ・打楽器奏者。
これまでに打楽器を百瀬和紀、有賀誠門、岡田知之の各氏に、
ティンパニをRainer Seegers氏に師事。

井出上 達

ピアノ六重奏団 『ひばり』  

Piano Quintet <HIBARI>

高い演奏技術とともに品格を保ち、クラシック音楽を身近なものに感じられるようにとの思いのもと、お互いの個性を認め音楽を構築してゆくことをモットーに結成される。
演奏者はソリストとしてまたコンサートマスター、オーケストラや室内楽において、それぞれが第一線で活動している。

☆「ひばり」の名称は千葉県野田市の市鳥、ひばり(雲雀)に由来し、自由に明るくそして美しくさえずり歌う純粋なひばりのごとく、音楽を奏で届けられることを願いつけられました。

ピアノ六重奏団 『ひばり』